自主性の尊重
生野学園は自由な学校です。あらかじめ決められたことをするのではなく、 自分が本当に何をしたいのかを考え、それに思いっきり打ち込めるところです。 ただ、自由には難しい側面もあります。
一つには、自由であることは「自分自身が問われる」ということです。 人に決めてもらうのではなく、自分で決めなければいけません。 そのため、始めのうちは自由であるがゆえに、何をしたら良いかわからなくなり、かえって動けなかったりすることもあります。また 自分の中にある「こうあらねば」という考えに捕らわれてしまうこともあります。そんな中で自分が本当にしたいことは何か?自分自身がどうありたいのか?といったことを問うていく必要があるのです。 また、自由であることは「何をしてもいい」ということではありません。 一人ひとりが自分勝手な行動をしたのでは集団生活そのものが崩れてしまいます。また自分が自由であるためには、共に生活する他者の自由も認めなければなりません。自由であるためには広い視野が必要なのです。
このような難しさもありますが、自分が本当に何をしたいのか、どうありたいのかを考え、実現していくことができることが自由の素晴らしさだと思っています。
バンド小屋で
卒業ライブで
修学旅行で